よくある間違い

高齢者は水分摂取で逆効果!?熱中症対策の注意点

投稿日:

猛暑の季節が近づいてきました。毎年たくさんの熱中症患者様が救急搬送されます。

老若男女、誰にでも発症する「熱中症」について、正確な知識をつけて各自対策しておきましょう!!

 

熱中症とは

 

熱中症とは、「暑熱環境における身体適応の障害によって起こる状態の総称」です。

すなわち「暑熱による諸症状を呈するもの」のうちで、他の原因疾患を除外したものを熱中症と診断します。

 

「熱中症診療ガイドライン 2015 (日本救急医学会)」では、熱中症の発症機序や重症度について以下のように分類されています。

 

発症機序による分類

・労作性熱中症:高温環境下での激しいスポーツや肉体労働にともない発症する。若年者や中年男性に多い。

・非労作性熱中症:体温調節機能が低い小児や高齢者、基礎疾患のある者に発症する。

 

熱中症の重症度分類と治療

 

 

熱中症による諸症状は対処のタイミングや内容、環境や身体の状態によって刻々と変化します。

熱中症で最も重要なことは、「予防と早期対応」です。

熱中症は、早期に異常を認識し介入することで重症化を防ぐことができますが、放置すると意識障害や臓器障害へとつながり致死的となる可能性があります。

 

暑さ指数とは

 

熱中症を引き起こす条件として「環境」は重要ですが、実は気温だけでは暑さは評価できません。

熱中症に関連する、気温、湿度、日射・輻射、風の要素を取り入れた指標として、暑さ指数 (WBGT: Wet Bulb Globe Temperature 湿球黒球温度)があります。

これは、特に高温環境の指標として労働や運動時の予防措置として用いられています。

 

 

屋内でも熱中症は発症する!!

暑さ指数をご覧のように、21〜25℃であっても熱中症を発症する危険性があります。

特に、小児や高齢者は体温調節機能が低いため、自宅で冷房をつけているからといって熱中症を否定することはできません。

熱中症は、熱の産出と熱の放散のバランスが崩れて、体温が著しく上昇することで発症します。

特に、気温が高い、湿度が高い、風が弱い、日射が強いといった条件がそろうと、熱の放散を妨げられるので注意が必要です。

 

熱中症に対する適切な対策

 

熱中症を発症した場合、水分の欠乏と同時にナトリウムなどの電解質が失われていることも多く、このような病態を「ナトリウム欠乏性脱水」といいます。

このような場合は、水分に加えて適切な電解質の補給が重要となり、熱中症のシーズンになると塩分の高い熱中症対策用の飴などがコンビニでも置かれるようになります。

熱中症の予防としては、0.1〜0.2%の食塩と4〜8%の糖質を含んだ飲料水が水分吸収の効率から推奨され、これは1Lの水に1〜2gの食塩と大さじ2〜4杯の砂糖加えてオリジナル飲料水を作ることができます。

市販のスポーツドリンクは、塩分量が少なく糖分が多く含まれているため、特に糖尿病がある場合などは飲み方に注意が必要です。

スポーツドリンクを含む清涼飲料水を過剰に摂取すると高血糖状態となり、むしろ脱水状態となって非常に危険な状態となります。

 

高齢者の水分摂取は逆効果!?

熱中症のシーズンに限らず、外来診療で遭遇する「よくある間違い」として、高齢者の水分過剰摂取があります。

多くの患者様が「高齢者は水分を積極的にとるべき」と考えているようですが、これには大きな誤解があります。

メディアでこのような報道がされているのは、「高齢者は口渇中枢の機能低下によって脱水傾向となりやすい」という側面しか見ておらず、全身を総合的に捉えることができていません。

食事から塩分を摂取していても、それ以上に水分摂取が上回ると身体の電解質バランスは崩れてしまいます。

高齢者は体液バランスや電解質バランスを調整しているホルモンの分泌能が低下している場合があり、このような状態で水分を積極的に摂取すると「低ナトリウム血症」をきたし、食欲不振や意識障害を生じる危険性があります。

腎臓からの水分の再吸収が亢進して血液が薄まってしまう病気を「抗利尿ホルモン不適切分泌症候群 (SIADH)」、ナトリウムの尿中排泄が亢進してしまう病気を「鉱質コルチコイド反応性低ナトリウム血症 (MRHE)」といい、高齢者はこのようなホルモン調節機能の低下も念頭において水分摂取の方法に注意しなければなりません。

 

高齢者は口渇中枢が低下し脱水状態になりやすいことは確かですが、お茶や水などの塩分が少ない飲み物を好んで摂取していると水分補給をしているつもりでも電解質が補給されず、結果的に「ナトリウム欠乏性脱水」や「低ナトリウム血症」を発症する可能性があります。

血液検査で普段から血清ナトリウム濃度が低めの方は、水分摂取の方法を間違えると危険な状態となりますので、自分の身体の状態に適切な熱中症対策をしましょう!

 

 




-よくある間違い

Copyright© 医療情報サイト , 2020 All Rights Reserved.