貧血

貧血とは

更新日:

貧血とは

貧血とは、赤血球に含まれる血色素であるヘモグロビン(Hb) の濃度が低下した状態です。

血液の働きで最も重要なことは、酸素や栄養素を全身に運搬することです。この働きを担っているのが、血液中の赤血球にあるヘモグロビンであり、通常は血液による酸素を運ぶ能力は、血中ヘモグロビン量とほぼ比例します。

貧血はその原因によっていくつかの種類に分類されますが、最も多いものは鉄欠乏性貧血です。

ヘモグロビンは主に鉄を含む「ヘム」という色素と蛋白質が結合(ヘム蛋白)してできており、これが酸素と結合して血液循環を通して全身運ばれていきます。
体内の鉄が減少すると、ヘモグロビンも減少するため全身へ酸素が行き渡らなくなり、人間の身体は酸素と栄養素をエネルギー源として生命を維持しているため、あらゆる組織が酸欠状態となることで様々な症状が出現します。

 

貧血の症状

貧血による代表的な症状としては、疲労感、めまい、立ちくらみ、動悸、息切れ、頭痛、顔面蒼白、耳鳴りなど様々な症状が現れますが、軽度の貧血の場合は自覚症状を伴わないこともあります。

 

貧血の種類

鉄欠乏性貧血

ヘモグロビンの主な材料である鉄が不足し、ヘモグロビンが作られなくなるために生じる最もありふれた貧血であり、貧血全体の60%~80%を占めています。原因としては、以下の4つに大きく分類されます。

鉄摂取量の不足

無理なダイエットや偏食、外食、インスタント食品の多食などの食生活を続けていると、鉄や栄養素が不足します。

 

需要の増加

妊娠・授乳期は胎児の成長や母乳の分泌に多くの鉄が必要となるため、鉄が不足しやすくなります。

代謝過程によって成人男性では約1 mg、成人女性では約0.8 mgの鉄が1日に損失しています。また女性は月経により、1日あたりに換算してさらに約0.5 mgの鉄が損失するため、損失された分の鉄を食事から補う必要があります。

 

過剰な鉄損失

過多月経や潰瘍、痔、各種がんなど消化管からの出血が、鉄欠乏性貧血の原因となることがあります。
本来男性は女性よりも貧血になりにくいため、男性で貧血がみられた場合は、まず消化管出血を疑います。

 

吸収障害

胃切除などによって胃酸(HCl)の分泌が低下すると、鉄の還元反応が進まず、十二指腸から空腸での鉄の吸収が障害されます。

胃切除後、約1〜3年を経過すると体内に貯蔵されていた鉄が枯渇して鉄欠乏性貧血を発症するといわれています。

 

再生不良性貧血

再生不良性貧血は、骨髄での造血能力が低下するために生じる貧血です。

赤血球だけでなく、白血球や血小板など全ての血球成分が作られなくなる病気です。

再生不良性貧血は、血球成分のもととなる未熟な細胞(造血幹細胞)が遺伝子の異常や薬剤、放射線被曝などの影響によって障害されてしまうことが原因であるため、生活習慣の改善や食事療法によって治療することはできません。

 

巨赤芽球貧血 (悪性貧血)

赤血球が作られる際に必要なビタミンB12や葉酸が不足し、成熟した赤血球が減少するために生じる貧血です。

ビタミンB12欠乏性

ビタミンB12の吸収には胃酸(HCl)が必要ですが、胃切除などによって胃酸分泌が低下すると、ビタミンB12の吸収が障害されます。胃切除後、約5年を経過すると体内に貯蔵されていたビタミンB12が枯渇してビタミンB12欠乏性貧血を発症するといわれています。
したがって、胃切除後の合併症には上記のように、鉄欠乏性貧血とビタミンB12欠乏性貧血のどちらも発症する可能性がありますが、鉄欠乏性貧血の方が早期に生じます。

 

葉酸欠乏性

通常の食事をしていればほとんどおきませんが、極端な偏食や大酒飲みの人、妊娠中にみられます。

 

溶血性貧血

赤血球の平均寿命は約120日ですが、何らかの原因によって赤血球が異常に早く破壊されておこる貧血を溶血性貧血といいます。

溶血性貧血の原因は、赤血球に対する自己抗体の出現や免疫異常、感染症、薬剤性など多岐に渡りますが、マラソン選手などのスポーツ選手や長距離歩行後にも生じることがあります。

スポーツが原因の溶血性貧血は、運動をすることによって足底部の血管内で自らの赤血球を踏み潰して破壊してしまうことが原因とされ、この場合は運動を控えると貧血は改善します。

また、溶血性貧血の特徴として、尿中ヘモグロビンの上昇が認められます。

 

以上のように、貧血の原因は多種多様であり、原因が分からなければ適切な治療を行うことはできません。
血液検査は一般的な健康診断の必須項目です。
健康診断で貧血が疑われた場合は、放置せずに医療機関を受診して、貧血の原因を調べるようにしてください。
あなたが疲れやすいと感じるのは、もしかしたら貧血が原因かもしれません。




-貧血

Copyright© 医療情報サイト , 2020 All Rights Reserved.