肥満

肥満の定義

更新日:

肥満と肥満症の違い

「肥満」とは、脂肪組織に脂肪が過剰に蓄積した状態で、体格指数(BMI =体重 [kg]/身長 [m]2)が25以上のものと定義されます。

一方、「肥満症」とは、肥満に起因ないし関連する健康障害を合併するか、その合併が予測される場合で、医学的に減量を必要とする病態をいいます。

つまり、肥満によって何かしらの合併症が生じている場合を「肥満症」という病気として扱うことになります。

肥満の中でも内臓脂肪が蓄積するタイプの肥満(内臓脂肪型肥満)は内科的疾患にかかりやすく、健康障害を伴いやすい高リスクの肥満であり、医学的に減量が必要となります。

 

肥満症の定義

「肥満症診療ガイドライン2016」では、肥満症を以下のように定義しています。

肥満(BMl ≧ 25kg/m2)と診断されたもののうち、以下のいずれかの条件を満たす場合、肥満症と診断し、疾患単位として取り扱う。

  1. 肥満に起因ないし関連する健康障害を有するか、あるいは、健康障害の合併が予測される場合で、減量を要するもの(減量により改善する、または進展が防止されるもの)
  2. ウエスト周囲長によるスクリーニングで内臓脂肪蓄積を疑われ、腹部CT検査によって確定診断された内臓脂肪型肥満。
    この場合、健康障害を伴いやすい高リスク肥満と位置づける。

 

なぜ「肥満」と「肥満症」の定義が分かれているのかというと、「肥満症」は肥満と判定された人の中から、医学的に減量の必要な人を抽出することを目的として制定されたという背景があり、現在すでに健康障害を有する人のみならず、将来的に合併症の発症が予測される高リスクの人も含まれます。

したがって、肥満と判定された集団の中には、必ずしも健康障害を有さず、将来的に合併症を発症するリスクが低いと考えられる、医学的には減量の必要性が低いと診断される人が一定数含まれていることにもなります。

 

肥満の重症度分類

「肥満症診療ガイドライン2016」では、肥満の重症度は以下に分類されます。

肥満度分類

BMI(kg/m²)         判定               WHO基準
<18.5          低体重        Underweight
18.5 ≦~< 25       普通体重       Normal range
25 ≦ ~< 30       肥満(1度)        Pre-obese
30 ≦ ~< 35       肥満(2度)       Obese-class Ⅰ
35 ≦ ~< 40       肥満(3度)    Obese-class Ⅱ
40 ≦                    肥満(4度)    Obese-class Ⅲ

注1) ただし、肥満(BMI ≧ 25)は、医学的に減量を要する状態とは限らない。
なお、標準体重(理想体重)は、もっとも疾病の少ないBMI 22を基準として、標準体重(kg)=身長 (m)²× 22で計算された値とする。

注2) BMI ≧ 35を高度肥満と定義する。

 

肥満の判定方法

肥満の判定基準は、身長・体重から算出されるBMI(体格指数:body mass index)が用いられます。

BMIの求め方は、以下の通りです。

BMI=体重(kg) ÷ 身長(m)²

例えば、身長160 cm、体重68kgの場合
BMI=68 ÷(1.6×1.6)=26.6となり、「肥満の重症度分類」は肥満(1度)と判定されます。

 

 標準体重の計算方法

なぜBMI=22を標準体重に設定しているのかというと、男女ともBMI=22のときがもっとも病気に罹患している人が少ないことから、世界的にこの値を標準体重としています。

標準体重の求め方は、以下の通りです。

標準体重(kg) =身長(m)²×22

例えば、身長160 cmの場合
標準体重は、1.6×1.6×22=56.3 kgとなります。




-肥満

Copyright© 医療情報サイト , 2020 All Rights Reserved.