高血圧

高血圧の症状と原因

更新日:

高血圧とは

 

高血圧は、その原因から本態性高血圧(一次性高血圧)二次性高血圧に分類されます。

高血圧の原因の多くは生活習慣や遺伝要因により発症する本態性高血圧ですが、高血圧患者さんの10人に1人程度は他の病気が原因で血圧が上昇する二次性高血圧といわれています。

 

しかし実際は、二次性高血圧の多くが本態性高血圧として一般的な降圧薬を処方され、治療をされているのが現状です。

二次性高血圧を適切に診断し、病態に合った治療をすることは非常に重要です。

なぜなら、高血圧の根本的な原因に対処することで高血圧を是正し、また高血圧に伴う合併症を予防・改善することが可能となるためです。

 

本態性高血圧は多くの場合、一度診断されると生涯をかけて降圧薬を飲み続ける必要があります。

また、頻用されている降圧薬の中には内服していると二次性高血圧のスクリーニング検査に影響を与えるものもあり、初診時に二次性高血圧を念頭においた診療をしておかないと、そのまま本態性高血圧として扱われてしまうため注意が必要です。

 

原因からみた高血圧の種類

原因から見た高血圧の分類について、以下に示します。

A. 本態性高血圧 高血圧の原因となる病気が特定されない高血圧
B. 二次性高血圧 高血圧の原因となる病気が特定される高血圧
<二次性高血圧の原因> <代表的な病気>
1. 腎性高血圧
 腎実質性高血圧 糸球体腎炎、糖尿病腎症など
 腎血管性高血圧
2. 内分泌性高血圧 原発性アルドステロン症、クッシング症候群、褐色細胞腫、先端巨大症、甲状腺機能亢進症/低下症、副甲状腺機能亢進症など
3. 神経性高血圧 脳血管障害や脳腫瘍など頭蓋内病変による脳圧亢進、ストレス、過換気症候群、パニック障害など
4. 心疾患による高血圧 大動脈縮窄症、大動脈弁閉鎖不全症など
5. 妊娠高血圧
6. 薬剤誘発性高血圧

 

 

高血圧の症状

 

高血圧そのものは基本的には無症状のため、健康診断などで血圧を測定したときに初めて高血圧を指摘されることがほとんどです。

しかし、高血圧患者さんの中には血圧が跳ね上がった時に症状を感じる方もいます。

症状として現れる場合は、頭痛、動悸、ほてり、めまい、耳鳴り、肩こりなどの非典型的な症状ばかりですが、

これらの症状が先行してストレス状態のために交感神経系が亢進することで、結果的に血圧が上がることもあります。

症状が先行して血圧が上がったのか、高血圧が先行して症状が現れたのかを区別することはできませんが、症状が先行していた場合は症状を引き起こした原因に対処しなければ血圧は改善しません。

一方、高血圧が先行していた場合は、血圧を下げれば症状も自然に軽快します。

 

緊張感と高血圧

血圧は不安や緊張感などの精神的ストレスだけでも簡単に数値が変動します。

病院に急いで受診したり、体調や診察に対する不安があったり、病院という環境への緊張感によって、病院で測る血圧(診察室血圧)は自宅で測る血圧(家庭血圧)と比べて上がりやすい方がほとんどです。

 

自宅では正常血圧の方が診察室高血圧を認めた場合は「白衣高血圧」と呼び、降圧薬の使用は慎重に検討すべきです。

家庭でのストレスが大きい場合など、患者さんの中には病院で測る血圧よりも家庭血圧の方が高くなる場合があり「仮面高血圧」といいますが、このタイプの高血圧は自宅で血圧を測定していただかないと見抜くことが困難であるため注意が必要です。

 

二次性高血圧による特徴的な症状

高血圧の中でも、特にホルモン分泌が関与する「内分泌性高血圧」などの二次性高血圧の中には、特徴的な所見が現れる場合があります。

代表的な疾患とその特徴について以下に書きます。

原発性アルドステロン症

多飲、多尿、夜間尿、四肢脱力感、四肢の脱力・痺れ(周期性四肢麻痺)など

クッシング症候群

四肢に比べて胴体に脂肪がつく(中心性肥満)、丸い顔つき(満月様顔貌)、後頸部〜両肩にかけて脂肪がつく(野牛肩)、眼の周りのむくみ(眼周囲浮腫)、多毛、無月経など

褐色細胞腫

頭痛、肩こり、視力障害、発作性の動悸・高血圧など

 

 

その他の血圧を上げる原因

 

以下に示すのは、本態性高血圧と診断されている患者さんを含めて、一般的に血圧が上げる原因とされているものです。

塩分摂取量の増加

食塩(塩化ナトリウム)を摂り過ぎると、血液中にNa(ナトリウム)がたまります。

Naは一定の浸透圧を維持させるために水分を引っ張ってくる性質があり、これによって循環血流量が増加し、心拍出量が増加するため、血圧が上がります。

食塩を大量に摂ると、正常血圧の人でも血圧が上がりますが、高血圧の人はより上がりやすいことがわかっています。

また、食塩を摂ったときの血圧の上がりやすさには個人差があり、以下の要因に関係しています。

・腎臓の機能:悪くなるにつれ上がりやすい
・年齢:高齢になるほど上がりやすい
・性別:女性がやや上がりやすい
・人種:黒人は上がりやすく、白人はそうでなく、日本人はその中間ぐらい
・遺伝子:腎臓でのナトリウム排泄などに関係するいくつかの遺伝子)
・血圧に関係するホルモン:レニンなど

塩分制限による降圧効果は多くの研究で証明されており、高血圧の改善においてはまず最初にやるべきことです。

 

日本人の塩分摂取量は世界一!?

食塩の本体は、ナトリウム(Na)と塩素(Cl)が結びついた塩化ナトリウム(NaCl)です。

ナトリウムは血液など細胞外にある液体の主な陽イオンで、体液や循環の調節において重要な物質です。

塩分の摂り過ぎは高血圧の原因となるため、高血圧の予防や治療はまず塩分制限から行います。

 

しかし、日本人が好む和食を中心とした食文化は食塩の使用量が多いという特徴があり、最近は食生活の欧米化によって塩分摂取量は減少傾向ではあるものの、依然として日本人は食塩の摂取量が世界的に多い国民です。

1980年代に行われた、世界の約50の地域で塩分摂取量と血圧などを調べた研究(インターソルト研究)では、塩分摂取量が多い地域(中国や韓国、日本など)は血圧が高いことが明らかとなりました (下図)。

また、この研究では日本の3か所で調査が行われ、塩分摂取量は富山、栃木、大阪の順に多く、一方、南米のヤノマモ族は食塩の摂取量は1日1 g未満で生活しており、収縮期血圧(最大血圧)の平均は100 mmHg未満と低く、高血圧の人はいませんでした。

 

塩分制限による降圧効果

2001年に米国で行われたDASH-Sodium研究では、食塩が1日約9 gの食事に比べ、約6 gの食事では血圧が低く、約3 gの食事ではさらに血圧が下がるというデータが出ています(下図)。

 

塩分制限による降圧効果には個人差がありますが、平均すると食塩を1日1 g減らすごとに、高血圧の人の収縮期血圧は1 mmHgくらい、拡張期血圧は0.5 mmHgくらい下がり、正常血圧の人はその半分くらい下がると言われています。

また、塩分制限による降圧効果は一日中得られ、夜間に血圧が上がりやすい夜間高血圧パターンの人にも降圧効果が得られることが明らかとなっています。

 

日本人の平均的な食塩摂取量は1日10~11 gとされ、高血圧の人が6 gに減塩できれば5 mmHgくらいの降圧効果が見込まれるので、食塩摂取量の多い日本人にとって塩分制限は特に重要と言えます。

なお、複数の降圧薬を併用して様々な機序から降圧を図っても血圧コントロールが不十分な治療抵抗性高血圧においても厳格な塩分制限によって血圧が下がることが報告されており、

さらに、塩分制限を併用しなければ十分な降圧効果が期待できない血圧の薬も多くあります。

 

日本人にとって特に塩分制限は重要であり、それは正常血圧の人においても同様です。
日頃から塩分を摂り過ぎないように心掛けて生活しましょう。

 

肥満

肥満は高血圧の大きな危険因子であり、肥満患者さんが減量するだけでも血圧が下がることが明らかになっています。

特に、内臓脂肪型肥満は動脈硬化の進行や血圧上昇との関連が深く、皮下脂肪よりも内臓脂肪を減らすことで内科的疾患の発症リスクを下げることが可能となります。

また、心臓から送られる血液の量(心拍出量)は体重に比例して増加するため肥満は心臓にも負担をかけ、高血圧に伴う心肥大、心拡大の原因となります。

 

ストレス

身体的・精神的要因を問わず、ストレス状態において血圧は一時的に上昇します。

ストレス下で緊張状態が続くと交感神経系が優位に亢進するため、その作用によって血管は収縮し、血圧は高い状態を持続するようになります。

この場合はストレス状態から解除されると、副交感神経系の作用によって血圧も下がりますが、慢性的なストレス状態においては根本的原因であるストレスへの対処が必要となります。

 

飲酒

適度な飲酒はリラックス効果があり、副交感神経系が適度に働く場合は血圧の原因とはなりません。

しかし、ほとんどの場合は飲酒の際に塩分の多い食事やおつまみを食べることが多く、また過度の飲酒は身体に負担をかけるため、基本的には飲酒によって血圧を上げることが多いです。

 

喫煙

たばこの煙に含まれるニコチンや一酸化炭素は循環器系へ影響を与えます。

ニコチンは交感神経系を刺激するために、血圧が上がり、脈拍が増えます。

一酸化炭素が増加すると血液中の酸素が不足するため身体が酸欠状態となり、血液の循環によって酸素を全身に送っている心臓への負担が大きくなり、さらに動脈硬化も進行させるため、高血圧だけでなく狭心症や心筋梗塞のリスクも高まります。

 

高血圧症における生活習慣の改善

 

「高血圧治療ガイドライン2014」では以下を推奨されています。

塩分制限

塩分制限 6g/日未満

食塩(塩化ナトリウム)を摂り過ぎると、血中ナトリウム濃度が上昇します。

人間の身体は体液の浸透圧を一定に保つために細胞内から血液中に水分を移行させて、血中ナトリウム濃度を薄めようとします。

これによって循環血流量が増加し、心拍出量が増加するため、血圧が上がります。

高血圧の改善において、塩分制限はまず最初にやるべきことです。

 

野菜・果物の積極的摂取

適量の野菜や果物を日々の食生活の中にバランスよく取り入れることは、高血圧の改善に有効です。

しかし、高血圧以外にも合併症のある方は注意が必要です。

重篤な腎障害を伴う方は高カリウム血症をきたすリスクがあるため、加熱調理されていない生の野菜や果物の積極的摂取は推奨されません。

 

また、どのような果物にも果糖と呼ばれる糖質が含まれ、糖質の多い果物を過剰に摂取することは、肥満や糖尿病などのカロリー制限が必要な人にとってはむしろ有害となります。

 

脂質制限と魚(魚油)の積極的摂取

コレステロールや飽和脂肪酸の摂取を控えることは、肥満や脂質異常症だけでなく、血圧を下げる効果があると言われています。

 

減量 

BMI (体重kg÷[身長m]2) 25未満

肥満がある方、特に内臓脂肪型肥満では、内臓の周りに蓄積した腹腔内の脂肪細胞から血圧を上げる物質がたくんさん分泌されます。

したがって、標準体重に近づけることで血圧の改善が期待できます。

また、内臓脂肪型肥満は動脈硬化を進行させたり、糖尿病や脂質異常症の増悪などの血管障害を引き起こすあらゆる内科的疾患にも関与しており、減量によって得られる効果は非常に大きいとされます。

 

運動

運動することは減量においても有効ですが、全身の血流を良くしたり、ストレス解消によって血圧を下げる効果も期待できます。

ただし、血圧がかなり高い場合は、負荷の強い運動を行うと交感神経系が亢進し、さらに血圧を上げる可能性があり危険を伴います。

したがって、身体への負担を考慮しながら運動の負荷や継続時間、頻度などは個別に検討する必要がありますが、心血管疾患や整形外科領域の疾患がない高血圧の方を対象とした場合、有酸素運動を中心に毎日30分以上を目標とした定期的な運動が推奨されています。

 

節酒

エタノール換算で男性 20-30mL/日以下、女性 10-20mL/日以下

アルコールによる身体への影響は多彩であるため、一概に飲酒が高血圧を引き起こすとも言えません。

飲酒は、血管を収縮させて血圧を上げたり、反対に、拡張させて血圧を下げたりすることもあります。

適度な飲酒によって副交感神経系が優位となれば血圧は下がりやすくなりますが、過度な飲酒によって身体に負担がかかれば交感神経系が亢進して血圧は上がります。

このような血圧の変化とその程度は、飲酒の量や頻度、飲酒期間だけでなく、飲酒後に経過した時間や、遺伝的な体質(アルデヒドの感受性)の個人差などによって大きく異なります。

 

適度な飲酒の場合は、一時的に血圧が少し下がり、脈拍が増えるというデータが数多く報告されています。

飲酒で血圧が上がる理由については、血管の収縮反応が高まることや、交感神経系の亢進により心臓の収縮力や心拍数に影響を与えたり、腎臓からマグネシウムやカルシウムなどの電解質が失われることなどが推察されています。

しかし、ほとんどの場合は飲酒の際に塩分の多い食事やおつまみを食べることが多く、アルコール飲料に含まれるカロリーによって体重も増えやすいため、基本的には飲酒によって血圧を上げることが多いと考えられます。

 

禁煙 (受動喫煙の防止も含む)

ニコチンは交感神経系を刺激するために、血圧が上がり、脈拍が増えます。

また、一酸化炭素が増加すると血液中の酸素が不足するため身体が酸欠状態となり、血液の循環によって酸素を全身に送っている心臓への負担が大きくなり、さらに動脈硬化も進行させるため、高血圧だけでなく狭心症や心筋梗塞のリスクも高まります。

 

このように、高血圧に対して生活習慣を改善する方法はたくさんあります。
まずはできることからで良いので、上記項目について心掛けながら、日々の生活の中で少しでも実践してみてください。




-高血圧

Copyright© 医療情報サイト , 2020 All Rights Reserved.