脂質異常症

HDLコレステロール (善玉)を増やすには

更新日:

HDLコレステロール (善玉)とは

コレステロールや中性脂肪は「脂質」のため水に溶けにくく、リポ蛋白という蛋白質に外側を覆わる形で血液中を流れています。

HDLは(High density lipoprotein: 高比重リポ蛋白)の略で、LDL(low density lipoprotein: 低比重リポ蛋白)と比べて、比重の重い蛋白質が多く含まれていますHDLやLDLの中に含まれているコレステロールのことを、それぞれHDL-C、LDL-Cと呼びます。

 

HDLコレステロールは高い方が良い?

HDL-C値は高いほど動脈硬化性疾患にかかりにくいという研究結果が数多くあり、「善玉コレステロール」と呼ばれています。

しかし、「悪玉コレステロール」であるLDL-Cを下げる薬剤を内服している人にHDL-C値を上昇させても、心血管疾患の発症は減少しなかったという報告もあり、薬剤によってHDL-C値を上昇させることの意義は明らかではありません。

これは、HDL-Cには「量より質」という考え方があるためです。

 

HDLコレステロールの働き

HDLは動脈硬化を抑制する作用がありますが、これはHDLが血管プラーク(沈着した脂質やコレステロールを食べたマクロファージの死骸からなる、血管を細くしている動脈硬化巣)からコレステロールを引き抜き、肝臓に運搬して、胆汁から糞便中に排泄することで行われます。

その他にも、身体を炎症から守る抗炎症作用、加齢の原因となる酸化ストレスから守る抗酸化作用、血管の内皮細胞を保護して血管機能を改善する作用なども報告されています。

したがって、HDLが高いことは良いとされますが、HDL-C(HDLという高比重リポ蛋白に含まれるコレステロール)を増加させることの意義は過去の報告からは不明とされ、例えば「家族性高コレステロール血症」といわれる遺伝的な体質でLDL-Cが上昇する病気では、HDL-Cの値(量)ではなくHDL機能の低下が示唆されています。

 

 

HDLコレステロール (善玉)を増やすには

上記のように、HDL-Cの量よりもHDLの機能が重要ということはお伝えしましたが、日常診療でHDL機能を調べることは不可能であるため、現実的には血液検査のHDL-C値で評価することになります。

HDL-Cを増やすために確立された食事療法はありませんが、血液中のその他の脂質成分であるLDLコレステロール(LDL-C)や中性脂肪(TG)の割合を減らすことで、結果的にHDL-Cの比率を高めて脂質のバランスを改善することができます。

食事療法

オリーブ油に豊富に含まれるオレイン酸はLDL-Cを減らします。

あじ、いわし、さんまなどの青魚に多いDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)などの脂肪酸は、TGを減らす働きがあります。

大豆食品を摂取するのも良いとされ、豆腐、納豆、ゆば、きな粉などに豊富な大豆の蛋白質は、食事から摂取したコレステロールの吸収を抑制し、LDL-Cを減らす効果があります。

運動療法

1日30分以上、週に3日以上の有酸素運動が推奨されています。

有酸素運動を行うだけでもHDL-Cを増やす効果がありますが、中性脂肪であるTGをエネルギー源として消費することで、さらにHDL-Cを増やすことができます。

おすすめの有酸素運動はウォーキングです。なるべく大きめの歩幅で、両腕を大きく振って、リズムよく速めの歩行を心掛けるとよいでしょう。

肥満のために足腰への負担がかかりすぎたり、すでに整形外科領域の疾患があって一定時間の歩行運動の継続が困難な場合は、浮力を利用した水中歩行や自転車をこぐのも良い有酸素運動となります。

禁煙

過去の研究結果から、喫煙はHDL-Cを減らすだけでなく、体内で活性酸素を発生させてLDL-Cの酸化を進め、動脈硬化をさらに進行させます。

また、高血圧や心臓に負担をかける原因となり、全ての生活習慣病において禁煙は非常に重要です。

 

これらは、脂質異常症において一般的に生活習慣を改善する方法ですが、脂質のバランスを改善することで結果的にHDL-Cの比率を高めることが可能となります。
ぜひ心掛けてみてください。




-脂質異常症

Copyright© 医療情報サイト , 2020 All Rights Reserved.